スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13歳の中高年リストラ馬快走/ばんえい 8/13 

 北海道帯広市の「ばんえい競馬」で、処分寸前からはい上がった13歳の競走馬が注目されている。人間なら50代後半で一度は登録抹消され食肉用になりかけたが、異例の再登録を経て復帰戦で圧勝。まさかの快進撃を見せている。
http://www.sanspo.com/keiba/news/100815/kba1008151637024-n1.htm

 山田厩舎(きゅうしゃ)(山田勇作調教師)の牡馬「ゴールデンバージ」。1997年生まれで、99年デビュー。勝ち星を重ねたが徐々に成績が落ち、昨年登録抹消された。道内各地の草競馬で走ったが、そこでも成績が低迷。処分のうわさが流れたところを山田調教師が救った。
 「駄目なら桜肉(馬肉)に」。かねて素質を感じていたが高齢馬。交流のある馬主に「安いから」と頼んで買ってもらった。しかし、調教で試すと若馬が相手にならない強さ。「本番ではどうか」。半信半疑だったが、再登録後の検査をパスし、7月の復帰戦では後続を約10秒ぶっちぎった。
 「これまで本気じゃなかったのか。経験があるからレース運びを知っているし、気も若くまだまだやれる。頑張る姿に自分も励まされる」と山田調教師。“中高年の星”に期待が高まっている。
2010.8.16 05:00

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newbanei.blog78.fc2.com/tb.php/1547-d39a60c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。