スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活ばん馬「リストラ中高年の星」に 8/22 

 ばんえい十勝で一度引退しながら競走馬に復帰、「リストラされても負けなかった中高年の星」として注目されるゴールデンバージ号(牡13歳、山田勇作調教師)がテレビで全国に紹介され、大人気となっている。テレビカメラが居並ぶ中で臨んだ21日夜のレースも見事な逆転劇で連勝、これで復帰4戦で3勝目。公式ホームページに特設応援コーナーが同日開設され、記念グッズを各地の企業などが企画、23日に来場するJRA人気騎手の武豊さんとのご対面も予定され、フィーバーが続く。
http://www.tokachi.co.jp/news/201008/20100822-0006395.php



山田きゅう舎前でゴールデンバージ号(右は齋藤さん、左は山田調教師と齋藤さんの長男で同調教師の孫)
 同号は2008年に一度引退、草ばん馬大会で活躍していたが廃用直前に山田調教師が馬主に頼んで買い取ってもらい、今年7月19日の復帰戦で劇的勝利。8月15日の復帰第3戦も逆転勝利を飾った。

 人間の年齢に換算(同号の満年齢14歳×4)して56歳とされ、「復帰した中高年の星」の話題がTBS系(道内はHBC)の「みのもんたの朝ズバッ!」で19日に紹介されると、きゅう舎には「千葉県の女性から『夫がリストラされたが、馬の走りをテレビで見て元気を取り戻した』と電話が来た。群馬県の女性からも『感動した』とリンゴのプレゼントが近く届く」(山田調教師)と反響が続々。23日にも日本テレビ系(道内はSTV)「ズームイン!!SUPER」などで放映の予定だ。

 競馬主催者は特設ホームページ(http://www.banei-keiba.or.jp/goldenverge/)を設けて次の出走日程などを紹介、絵はがき・人形など記念グッズを複数の企業などが企画している。23日のJRAジョッキーデーで来場する武豊騎手の模擬レース(午後6時20分と同7時33分ごろ)にも同号は出走し、ご対面も実現しそうだ。

 山田調教師(65)は「草レースでばんえい重量1.2トンを引いて優勝した馬。出会いがあった」、担当きゅう務員の齋藤誠さん(25)は「普段は穏やかだが、レース前には闘志を燃やす馬」と言い、中年ファイターの熱い戦いが続く。
2010年08月22日 14時36分

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newbanei.blog78.fc2.com/tb.php/1554-8a72d337

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。