スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道内各地から100頭 ばん馬大会今年も開催 紋別の対馬さん 9/29 

 【紋別】中古農機具を販売する対馬中古センター(紋別市元紋別)の対馬喜代美代表(62)が10月3日、第4回ばん馬大会を開く。口蹄(こうてい)疫問題で中止の可能性もあったが、ばん馬仲間の期待に応え、開催を決定。オホーツク紋別空港近くの自宅敷地内にコースを造り、準備を進めている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki4/253379.html

 ばん馬とお祭りが大好きな対馬さんは、2007年から手弁当で大会を開催。今年は宮崎県で口蹄疫が発生したために道内のばん馬大会の中止が続き、開催を迷っていた。
 だが、宮崎県が口蹄疫の終息を宣言し、近隣住民やばん馬仲間から期待の声が寄せられたため、8月末に開催を決定。審判員集めや用具の準備を進めた。
 当日は札幌や函館など各地からばん馬やポニー約100頭が集まる。帯広のばんえい競馬で活躍する現役馬も出走する。高さ1・8メートルの障害2カ所を含む210メートルのコースで19レースを開催し、迫力満点の力走を間近で見ることができる。
 レースは午前9時~午後2時ごろ。昼休みには来場者から希望者を募り、人間ばん馬や親子リレー走も予定。レース後は農機具やサケなどが当たる抽選会(500円)も。焼きそばや焼き鳥などを販売する露店も並ぶ。
 対馬代表は「お祭り気分で家族そろってレースを見に来てほしい」と話す。問い合わせは対馬さん(電)0158・24・8930へ。(竹中達哉)
(09/29 14:48)

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newbanei.blog78.fc2.com/tb.php/1589-e36d2a91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。