FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばんえい帯広競馬場「とかちむら」大にぎわい 10/28 ZAKZAK 

 先週末、ばんえい十勝・帯広競馬場を4カ月ぶりに訪れた。この間、大きく変わったのは、競馬場の敷地内に「とかちむら」という観光施設がオープンしたこと。
http://www.zakzak.co.jp/race/horse/news/20101028/hrs1010281628005-n1.htm

 8月6日に開場した「とかちむら」はカフェやスイーツショップが入った「スイーツ&セレクト」、十勝を中心とした道内の新鮮野菜や食材を販売する「産直市場」、十勝の食材を使った飲食店が入った「キッチン」の3つのゾーンで構成されている。
 食が楽しめ、おみやげも買うことができるので、週末は多くの観光客でにぎわっていた。また、産直市場で販売されている野菜などは近所のスーパーより安いものもあるらしく、まとめ買いしていく地元の人も見られた。競馬場の人の流れが変わったとは聞いていたが、実際に行ってみるとその効果たるや想像をはるかに超えていた。
 ばんえい競馬は06年に廃止危機があり、一般のニュースにも取り上げられ、その存在は全国に知られるところとなった。また最近では、いったん引退しながら13歳になった今年、現役に復帰したゴールデンバージが注目を集めている。そうした話題性に加え、タイミング良く「とかちむら」がオープンしたのは大きい。
 競馬場内には以前から初心者向けに馬券の買い方を教えてくれる案内係が常時いるのだが、そこに人垣ができていたのには驚いた。意外だったのは初心者のなかに、観光客ではない地元在住と思われる人もかなりいたこと。そうした人たちの来場は、まさに競馬場の複合施設化の効果といえるだろう。
 今後の課題は初心者に固定ファンになってもらい、さらに人を呼べるかどうかということ。競馬場の複合施設化による活性化の先駆けとしてかかる期待は大きい。
 ((有)サイツ グリーンチャンネル「地方競馬最前線」解説者・斎藤修)
2010.10.28

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newbanei.blog78.fc2.com/tb.php/1603-e8711101

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。